読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的なメモ 〜Cocos Sharp 情報を中心に‥

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Cocos Sharp の事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Xamarin iOS + Azure Mobile Apps の利用方法 (2) データベースの作成 (Easy Tables)

今回はすこし長くなります。

まずはAzure ポータルにログインします。

ダッシュボードの 「モバイルアプリ名(あなたの作成したアプリ名)」をクリックすします。

設定 → モバイル → Easy Tables をクリックします。

f:id:hiro128:20160310114800p:plain

データベースがまだ無いので、下記のような表示が出ます。

f:id:hiro128:20160310114825p:plain

しばらく待つと下記の様な表示に変わりますので、
「Need to configure Easy Tables/Easy APIs Click here to continue →」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310114946p:plain

「You need a database to use Easy Tables. Click here to create one →」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115020p:plain

「Add」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115034p:plain

「SQL Database 必要な設定の構成」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115042p:plain

「新しいデータベースの作成」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115110p:plain

「価格レベル」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115121p:plain

価格レベルを選択し「選択」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115130p:plain

「サーバ 必要な設定の構成」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115137p:plain

サーバ名、サーバ管理者ログイン、パスワード、パスワードの確認、場所を選択し「OK」ボタンをクリックします。

f:id:hiro128:20160310115154p:plain

名前、価格レベル、照合順序、サーバが入力または選択されていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。

f:id:hiro128:20160310115244p:plain

Type, SQL Database, Connection String が入力または選択されていることを確認し「OK」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115256p:plain

しばらく待つと下記のようにコネクションが作成されます。
右上の「×」をクリックしてください。

f:id:hiro128:20160310115308p:plain

I acknowledge that this will overwrite all site contents. にチェックを入れて「Initialize App」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115318p:plain

しばらく待つと下記のように初期化が終了します。

f:id:hiro128:20160310115331p:plain

ダッシュボードの 「mobileapptest…」をクリックすします。
設定 → モバイル → Easy Tables をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115757p:plain

「+Add」をクリックします。
テーブル名である「Name」を入力し「OK」をクリックします。

f:id:hiro128:20160314191159p:plain

テーブルTestItemが作成されました。

f:id:hiro128:20160314191216p:plain

「TestItem」をクリックします。

f:id:hiro128:20160314191255p:plain

「Manage Schema」をクリックします。

f:id:hiro128:20160314191514p:plain

「Add a Colunm」をクリックします。

f:id:hiro128:20160310115939p:plain

Column name, Data typeが入力または選択されていることを確認し「OK」ボタンをクリックします。

f:id:hiro128:20160310115950p:plain

下記のようにスキーマが変更されました。

f:id:hiro128:20160310120001p:plain

今回はここまでです。