個人的なメモ 〜Cocos Sharp 情報を中心に‥

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Cocos Sharp の事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Xamarin + Cocos Sharp で iOS, Android 対応のゲームを開発する手順 (6) 画面遷移 (Cocos Sharp 1.7 以降対応版)

はじめに

こんにちは、@hiro128_777です。
今回は、Cocos Sharp 1.7 以降に対応した画面遷移の方法についてご説明します。

※これから Cocos Sharp をはじめる方は 1.7 以降をご利用ください。

既に、Cocos Sharp 1.6.2 をご利用の場合以下をご覧下さい。
hiro128.hatenablog.jp

画面遷移の方法

今回は画面遷移を行ないます。

画面上をタップすると、次の画面へと遷移するシナリオです。

CocosSharpGameSample.Core プロジェクトに、TitleLayerGameLayerを作成します。

f:id:hiro128:20170215205315p:plain



遷移がわかりやすいように、遷移前の画面をオレンジ色、遷移の画面を水色に設定します。

遷移前の画面 TitleLayer

public TitleLayer()
	: base(new CCColor4B(0xFF, 0xA3, 0x2B))// オレンジ色に設定
{
}

遷移後の画面 GameLayer

public GameLayer()
	: base(new CCColor4B(0x66, 0x84, 0xFF))//水色に設定
{
}

コンストラクタでbaseクラスの引数に16進数でRGBを与えれば色指定ができます。

最初の画面TitleLayerに画面のタップを検出するイベントリスナーを作成し、イベントハンドラで画面遷移するように設定します。

var eventListener = new CCEventListenerTouchOneByOne();

// OnTouchBegan で true を返却しないと、OnTouchEndedが発動しない。
eventListener.OnTouchBegan = (t, e) => true;

eventListener.OnTouchEnded = (t, e) =>
{
	// 移動先のシーン(ゲーム画面)を作成
	var newScene = new CCScene(GameView);

	var gameLayer = new GameLayer();
	newScene.AddChild(gameLayer);

	// シーン切り替え時の効果を設定
	CCTransitionScene transitionScene = new CCTransitionFade(4.0f, newScene);

	// ゲーム画面へシーン切り替え
	Director.ReplaceScene(transitionScene);
};
AddEventListener(eventListener, this);

このときOnTouchBeganイベントのハンドラでtrueを返しておかないと、OnTouchEndedイベント自体が発火しなくなるので、
OnTouchBeganイベント時に何もしないとしても、ハンドラを作成し、trueを返すようにしておきます。

OnTouchEndedイベントでは、次の画面への遷移を行ないます。
画面遷移するには、新しいCCSceneを作成し、DirectorクラスのReplaceSceneをコールします。

CCTransitionSceneは画面遷移時の効果で、CCTransitionFade以外にもいくつか効果が準備されいます。

コードのまとめ

TitleLayerは下記のようになります。

using CocosSharp;

namespace CocosSharpGameSample.Core
{
	public class TitleLayer : CCLayerColor
	{

		public TitleLayer()
			: base(new CCColor4B(0xFF, 0xA3, 0x2B))// オレンジ色に設定
		{
		}

		protected override void AddedToScene()
		{
			base.AddedToScene();

			var eventListener = new CCEventListenerTouchOneByOne();

			// OnTouchBegan で true を返却しないと、OnTouchEndedが発動しない。
			eventListener.OnTouchBegan = (t, e) => true;

			eventListener.OnTouchEnded = (t, e) =>
			{
				// 移動先のシーン(ゲーム画面)を作成
				var newScene = new CCScene(GameView);

				var gameLayer = new GameLayer();
				newScene.AddChild(gameLayer);

				// シーン切り替え時の効果を設定
				CCTransitionScene transitionScene = new CCTransitionFade(4.0f, newScene);

				// ゲーム画面へシーン切り替え
				Director.ReplaceScene(transitionScene);
			};
			AddEventListener(eventListener, this);
		}

	}
}


GameLayerは下記のようになります。

using CocosSharp;

namespace CocosSharpGameSample.Core
{
	public class GameLayer : CCLayerColor
	{

		public GameLayer()
			: base(new CCColor4B(0x66, 0x84, 0xFF))//水色に設定
		{
		}

	}
}


以上でが完成しましたので、実行して画面上をタッチすると、次の画面へと遷移します。

f:id:hiro128:20170215205816g:plain

今回の内容はすべてPCLの範囲なので、iOS, Android どちらでも動作します。

今回はここまでです。