読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人的なメモ 〜Cocos Sharp 情報を中心に‥

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Cocos Sharp の事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Cocos Sharp での基本的なゲームの制御の方法(3) 連続したアクションを実行する。

今回は連続したアクションの作成方法についてご説明します。

連続したアクションを実行するには、アクションを複数作成し、CCSequence を作成し、CCNode の RunAction メソッドで実行します。

public CCSequence(params CCFiniteTimeAction[] actions);

連続したアクション間に「待ち」を入れたい場合には、 CCDelayTime で待ち時間を設定します。

例として
移動 -> 1秒待ち -> 拡大 -> 2秒待ち -> 回転
の連続したアクションを作成しましょう。

// 連続して実行したいアクションをそれぞれ作成
var moveByAction = new CCMoveTo(3f, new CCPoint(50f, 100f));
var scaleByAction = new CCScaleBy(3f, 2f);
var rotateByAction = new CCRotateBy(3f, 45f);

// アクション間の待ち時間
var delayTime0 = new CCDelayTime(1f);
var delayTime1 = new CCDelayTime(2f);

// 連続アクション作成
var sequence = new CCSequence(moveByAction, delayTime0, scaleByAction, delayTime1, rotateByAction);

// アクション実行
node.RunAction(sequence);

これだけで連続したアクションを作成できます。

次回は、アクションにひも付けてメソッドを実行する方法をご紹介します。

今回はここまでです。