個人的なメモ

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Xamarin に関する事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Visual Studio for Mac が Install additional required components に対応していました

Visual Studio for Mac は裏で、Xcode を利用していますが、Xcode をインストールまたはアップデートして、一度も起動してないと、iOS, Mac アプリのビルド時にエラーを吐いてビルドできない問題がありました。


これは、Visual Studio for Mac が悪いのではなく、Xcode がインストールまたはアップデート時に、Xcode command-line tools をインストールしてくれず、Xcode の初回起動時にダイアログが出て、インストールを確認する仕様になっているためです。


これは、初学者は自分で気づくことがかなり難しく Xamarin.iOS を使うときの大きなハマりどころでした。


ですが、いつの間にか、Install additional required components が実行されていない場合、Visual Studio for Mac が教えてくれて、そのままインストールも可能なようになっていました。


インストールしていないと、下記のように教えてくれます。

f:id:hiro128:20200119213950p:plain


あとは、Install Xcode command-line tools ボタンを押すと下記のように、Xcode の初回起動時のインストールが始まります。

f:id:hiro128:20200119214052p:plain


これは、とても良い改善です!


マイクロソフトは、Visual Studio for Mac に本気で取り組んでくれています。ぜひ、まだ使っていない方は使ってみてください。

visualstudio.microsoft.com