個人的なメモ

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Xamarin に関する事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Visual Studio 2019 for Mac version 8.0 正式版が がリリースされました!

4月2日に、みなさん待望の Visual Studio 2019 for Mac version 8.0 正式版が がリリースされました!
(その後、4月4日に軽微なバグのアップデートがリリースされています。)

visualstudio.microsoft.com



Windows 版での目玉機能は何と言っても、

  • AI がコーディングを支援する「IntelliCode」
  • 複数人でコードをリアルタイムに共有し、共同編集できる「Live Share」

ですが、なんとこの2つの機能の両方ともが、Mac 版には実装されていません(笑)


プレビュー版の時点で、流石にそれはね〜だろ〜ということで、異議申し立てしている方もおりましたが、間に合いませんでした。



Live Share への魂の叫び(笑)

twitter.com


IntelliCode への魂の叫び(笑)

twitter.com



ですが、まあこれは仕方ないんです。Visual Studio 2019 for Mac は元「Xamarin Studio」であり、そもそものコードベースが違うので、どうにもなりません。

Live Share については、Mac では VS Code で可能なので、そちらを使えということでしょうかね。

ただ、今回設定で、「全般」 -> 「New editor preview」をいじればコードエディタが、Windows と同じコードベースの「新しいコードエディタ」が使用できるようになっているので、その他のコンポーネントも順次 Windows と同じコードベースに置き換えられていけば、いずれかの段階で可能になるのでは?と思っています。


今後の Visual Studio 2019 for Mac のロードマップは下記ですが、現在のところ、Live Share, IntelliCode への言及はない状態です。


docs.microsoft.com




その他リリースノートは以下の通りです。

docs.microsoft.com



私も早速アップデートしまして、Visual Studio 2019 for Mac での開発に切り替えました!