個人的なメモ 〜Cocos Sharp 情報を中心に‥

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Cocos Sharp の事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Xamarin.iOS で Core ML を利用し画像判定を行う(1) Custom Vision Service での学習モデルの作成

はじめに


こんにちは、@hiro128_777です。

Xamarin.iOS で Core ML を触ってみたかったので試してみることにしました。

私は駅弁が大好きなので、弁当の写真を学習させ、駅弁と普通の弁当を判定させるサンプルを作成したいと思います。




学習モデルの作成


Core ML を利用するには、学習モデルである .mlmodel ファイルを作成します、作成方法はいろいろありますが、一番簡単なのは Azure の Custom Vision Service で学習モデルを作成し、エクスポート機能で .mlmodel ファイルを吐き出す方法です。



Custom Vision Service で学習モデルを作成


学習させるにはサンプルの画像を準備します。今回は駅弁の写真と普通の弁当の写真をそれぞれ30枚程度準備しました。

f:id:hiro128:20180221180232p:plain



Custom Vision Service のページを開き、ログインします。

f:id:hiro128:20180221180056p:plain



利用規約に同意します。

f:id:hiro128:20180221180249p:plain



プロジェクトを作成します。

f:id:hiro128:20180221180304p:plain



名前を入力し、Domains は General(compact) を選択します。

f:id:hiro128:20180221180316p:plain



駅弁の画像全部をアップロードします。

f:id:hiro128:20180221180335p:plain
f:id:hiro128:20180221180357p:plain



Ekibenというタグをつけます。

f:id:hiro128:20180221180409p:plain



画像が登録されました。同様に普通の駅弁の写真も登録します。
Trainをクリックし、学習をスタートします。

f:id:hiro128:20180221180437p:plain



学習が完了しました。
Exportします。

f:id:hiro128:20180221180457p:plain



iOSを選択します。

f:id:hiro128:20180221180508p:plain



ダウンロードします。

f:id:hiro128:20180221180537p:plain



.mlmodel ファイルが作成されました!!
非常に簡単です!!

f:id:hiro128:20180221180557p:plain




今回はここまでです。