個人的なメモ

Tomohiro Suzuki @hiro128_777 のブログです。Cocos Sharp の事を中心に書いています。 Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies 2017- 本ブログと所属組織の公式見解は関係ございません。

Visual Studio for Mac に Apple ID でログインする

はじめに

こんにちは、@hiro128_777です。

2月10日(土)に、品川でXamarin.iOS 、Xamarin.Androidのハンズオンを開催いたします!

Swift, Objective-C のコードを Xamarin.iOS に移植する際のポイントについてのハンズオンまたは、java のコードを Xamarin.Android に移植する際のポイントについてのハンズオンを選んで受講できますので、ご興味がある方はぜひご参加下さい!

jxug.connpass.com



では本題に入りましょう。

Visual Studio for Mac でApple IDでログインする方法


Visual Studio for MacでiOSプロジェクトのinfo.plistを開くと「サインイン」ボタンがあります。

このボタンを押せば Apple ID でログインできるみたいなので試してみました。

「サインイン」ボタンをクリックします。

f:id:hiro128:20180130201034p:plain


「+」ボタンをクリックします。

f:id:hiro128:20180130201110p:plain


fastlaneをインストールしなさいと言われるのでインストールします。

f:id:hiro128:20180130201144p:plain


fastlaneのインストール


以下よりfastlaneをダウンロードして下さい。

https://download.fastlane.toolsdownload.fastlane.tools


「install」を実行します。

f:id:hiro128:20180130201416p:plain


「開発元が未確認のため開けません」と言われるので、

f:id:hiro128:20180130201430p:plain


システム環境設定のセキュリティとプライバシーを開き「このまま開く」をクリックします。

f:id:hiro128:20180130201446p:plain

f:id:hiro128:20180130201525p:plain


ターミナルが開いてインストールが始まります。

f:id:hiro128:20180130201551p:plain


まだインストールは続きます。

f:id:hiro128:20180130201539p:plain

すべて完了したら[プロセスが完了しました]と表示されるのでターミナルを閉じます。

これでインストールは完了です。

fastlaneの設定

インストール終了後.bash_profileにパスを書きます。

まず、.bash_profileが存在するかどうか確認します。

ls -la


存在しない場合、ファイル作成します。

touch .bash_profile


作成できたか確認しましょう

ls -la

f:id:hiro128:20180130201655p:plain


.bash_profileを開きます。

open ~/.bash_profile


テキストエディタが開くので下記を記述します。

export PATH="$HOME/.fastlane/bin:$PATH"


設定を反映させます。

source ~/.bash_profile


以上でfastlaneの設定が完了しました。

念のため、パスを調べてみましょう。

which fastlane

f:id:hiro128:20180130201741p:plain


正しくインストールパスが表示されれば成功です。

Apple ID でログインする


再度 Apple ID でログインします。

f:id:hiro128:20180130201836p:plain


パスワードを聞かれるので入力します。

f:id:hiro128:20180130202049p:plain


ところがサインイン完了しても何も起こりませんでした‥

試しにもういちどサインインしたら正常に表示されました。このあたりまだ不安定なのでしょうか。

f:id:hiro128:20180130202136p:plain


「詳細の表示」をクリックすると証明書、プロビジョニングプロファイル も認識されています。

f:id:hiro128:20180130210427p:plain


以上で、Visual Studio for Mac での Apple ID でのログインが完了しました。

これで、Visual Studio for Macでプロビジョニングプロファイルの設定ができます。

今回は以上です。